北海道の積丹での海水浴

北海道の夏、お盆あたりから暑くなってきて、家族4人で海がキレイといわれる積丹へ海水浴へ行きました。

 

お盆休みの時期でしたので、札幌から積丹まで4時間くらいかかりました。

 

 

 

幼稚園の息子は機嫌悪くなることはなかったですが、1歳半の息子は1時間半くらいで目が覚めてしまい積丹着くまでに

 

飽きて機嫌が悪くなることもあり、遊ぶ前から少し疲れてしましました。

 

 

 

お昼近くに積丹に着いて海鮮丼を食べようとお店に行きましたが、主人が行きたっかた所は超満員で外まで列があり

 

子供達がまっては居られなかったので違うところでランチにしました。

 

 

 

主人はうに・いくら丼を私は3色丼・子供達は焼き魚定食にしました。

 

 

 

兄は大人しく食べることが出来ますが弟は私達の海鮮丼が気になり、食べれないことの腹を立てて機嫌を損ね

 

せっかくの美味しい海鮮をゆっくり味わうことが出来ませんでした。

 

 

 

さらに、生魚など食べていませんが、弟の顔の一部と背中に蕁麻疹がでて、生ものを食べた箸をなめただけでも

 

蕁麻疹が出てしまうんだと思いました。

 

 

 

弟はもともとアトピー体質で食品や動物・ハウスダストなどでも症状が出てしまうので外出先で出てしまうと

 

不安になります。

 

 

 

今回は小範囲で2時間くらいで引いてくれたので一安心でした。

 

 

 

ランチ後、蕁麻疹が出ているなか、海のキレイなスポットにいきました。

 

 

 

坂道を車で登ったところにあり、景色を楽しむには上から見てるだけでいいのですが、海水浴となると

 

おおよそ20分かかる階段を下りなければいけず、途中までおりて見ましたが、階段の段差の高さと距離に

 

帰るときの辛さを考えて断念しました。

 

 

 

子供を抱っこしながらはキツイので、来年の夏にリベンジしたいと思います。

 

 

 

上から見た海はとても透き通っていてキレイでした。 砂浜ではなく石ばかりなので歩くのは大変ですので注意が必要です。

 

 

 

兄は泳げることを楽しみにしていたので、近くの海水浴場に行き、1時間くらい楽しみました。

 

そこの海はキレイではなく濁っていましたので、近いところでもこんなに違いがあることにビックリです。

 

 

 

海水浴のあとは温泉で塩と汗を流し帰宅しました。

 

 

 

子供達と私は遊び疲れて爆睡し、パパは眠気をこらえて運転頑張ってくれました。